FC2ブログ

こぶ~がもっとふらふら

ごく個人的な関心に偏った旅行記や、ドラマに関する小ネタなどを記録しています。

2019年10月 秋のグランドツアー本編(ダイジェスト)


何故かこの時期にまとめてお出かけをする、その本編となる筈が…


以下、その顛末をダイジェストで。

台風の影響でほぼ全便が欠航し、無人の羽田空港。
1012_87890.jpg


台風一過の翌日は快晴。但し、5時間遅れでの出発となりました。
1013_87931.jpg


雲の上に顔を出す富士山を眺めたりしていると、
1013_87948.jpg


やがて日が暮れます。
1013_87957.jpg


到着したバンコクは雨。
1014_87986.jpg


スワンナプーム空港の護神、ヤックさんに挨拶を済ませたら、
アッサカンマーラーG


一路、帰国の途につきます。
1014_88021.jpg


到着した羽田は再び雨。
1014_88029.jpg

すっかり雨に好かれてしまった本編でした。

詳しい本編はこちらから。

「われ泣きぬれてカニとたはむ…本編07」

「われ泣きぬれてカニとたはむ…本編08」

「われ泣きぬれてカニとたはむ…本編09」

「われ泣きぬれてカニとたはむ…本編10」

「われ泣きぬれてカニとたはむ…本編11」

「われ泣きぬれてカニとたはむ…本編12」



テーマ:飛行機 - ジャンル:旅行

  1. 2019/12/01(日) 11:00:00|
  2. 2019年こぶ~の旅Part2
  3. | トラックバック:0

2019年10月 秋のグランドツアー承前編(ダイジェスト)


毎年恒例という訳でもありませんが、何故かこの時期にまとめてお出かけをしてしまいます。

以下、その顛末をダイジェストで。

最初の搭乗機は、B777-200「one world」JA771J
1006_87757.jpg

雪原のような雲の上を、那覇に向けて飛行します。
1006_87747.jpg

38,000ft で夕焼けを迎えます。
1006_87749.jpg

もうすぐ日没。
1006_87750.jpg



翌日の2便目は、B777-200 JA8985
往年のスタージェット「プロキオン号」。
1007_87781.jpg

那覇空港 RWY36 を離陸、チービシ環礁が見えてきます。
1007_87787.jpg

徳之島の西 60km、沖縄県最北端の硫黄鳥島。
1007_87789.jpg

硫黄鳥島について、詳しくはこちらで


羽田に到着後乗り継ぐ3便目、B777-200ER JA704J
1016002.jpg

一面の雲の上、40,000ft 上空を金浦へと向かいます。
1007_87837.jpg

午後のひと時が過ぎてゆきます。
1007_87843.jpg


カササギ(鵲)さんにご挨拶をしたら、
1008_87885.jpg



4便目は、B777-200ER JA703J
1008_87867.jpg

夜景を見ながら上昇します。
1008_87875.jpg


ちょっと詳しい本編は、

われ泣きぬれてカニとたはむ…承前編01

われ泣きぬれてカニとたはむ…承前編02

われ泣きぬれてカニとたはむ…承前編03

われ泣きぬれてカニとたはむ…承前編04

われ泣きぬれてカニとたはむ…承前編05

われ泣きぬれてカニとたはむ…承前編06

こちらから。

テーマ:飛行機 - ジャンル:旅行

  1. 2019/11/10(日) 00:02:00|
  2. 2019年こぶ~の旅Part2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年10月 「男はつらいよ」ねえ…


颯爽と某空港に降り立つ、
JAL のマクドネル・ダグラス(McDonnell Douglas)DC-10-40D JA8530号機。
0926000.jpg



DC-10 が到着したのは那覇空港(OKA/ROAH)。
オープンタラップが取り付きます。
0926011.jpg



DC-10 の那覇空港着陸シーンが登場するのは「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」、1980年に製作された、「寅さん」シリーズ第25作です。
0926002.jpg

但し今回の画像は、1996年に逝去した渥美清の追悼作品として、1997年に公開された再編集版、「寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」から。



義弟の博が勤め先の車を借り、寅さんを羽田まで送ります。
日産・サニー1200(B110/2代目)の2ドア・ライトバン、1972年型。
0926005.jpg

それにしても懐かしいなあ、この車。
「隣のクルマが小さく見えます」という、挑戦的コピーを繰り出したモデルでした。
この挑発、「隣のクルマ」トヨタ・カローラが1,000ccサニー(B10/初代)に対し、「プラス100ccの余裕」をかましたところから始まっています。いやはや、熱量のある時代でした。



那覇に到着した寅さんが乗車する、那覇交通(当時)の銀バス。
0926013.jpg

当時の銀バスは、1978年の交通方式変更(730、車は右⇒左)に伴い、冷房完備の最新型揃いでとても快適でした。
あの頃の内地の路線バスは、冷房車への更新が始まったばかり。
新型車が来たら大当たりでした。



日産・ブルーバードU(610/4代目)4ドア・ライトバン。
寅さんが本部町で借りた部屋の大家の息子、高志の車
1001044.jpg

610系ブルーバードUの販売時期は1971~76年。米国統治の名残から車は右の時代。
けれどもこの車は右ハンドル。1978年の交通方式変更(730、車は右⇒左)の頃に、内地から持ち込まれた中古車でしょうか。



詳しい本編はこちらで。「こぶ~が今もふらふら」
2019年10月 「男はつらいよ」ねえ? 39年前の… その1

2019年10月 「男はつらいよ」ねえ? 39年前の… その2



映画に登場した今も変わらぬ景色。
0614_87726.jpg


消えてしまった景色。
0927020.jpg

懐かしい景色を探し出すのが、旧い映画の楽しみだと思ったりします。

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

  1. 2019/10/09(水) 23:55:00|
  2. 新・ドラマのあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年09月 「君も出世ができる」? 55年前の羽田


旧い邦画を見ていると、懐かしい風景に突然出会う事があります。


今回のお題は、タイトル通りに「君も出世ができる 東宝 1964年」。
0911002.jpg

内容は、東宝お得意のお気楽サラリーマンものですが、何と本格的ミュージカル! 出演者もやたらと豪華なのですが、今回はそちらではなく…


タイトルに記した通り、1964年の羽田空港。ビルの上の管制塔が特徴です。
0911004.jpg

うちわ太鼓を持つ妙な人たちは気にしないでください。何しろ本格的ミュージカルなので、リズム隊が出動中なのです。
ちなみに中央に立つのは、今年6月末に訃報が伝えられた高島忠夫。


羽田のデッキにリズム隊が出動の訳は、社長の米国出張を社員総出で盛大にお見送り。盛大なお見送りに満更でもない社長は、益田喜頓。
0911005.jpg


社長が乗り込む、パンアメリカン航空(PA/PAA)のボーイング (BOEING)707-321C は、高燃費エンジンを搭載した“Intercontinental”モデル。
文字通り大陸間横断飛行を可能にした、本格的な長距離ジェット旅客機でした。
0911006.jpg


日本航空の短中距離向けジェット機、コンベア (CONVAIR)880-22M「MATSU」号や、当時の全日本空輸(NH/ANA)の主力、英国製ターボプロップ4発旅客機、ビッカース・バイカウント (VICKERS Viscount)などなど、懐かしい風景が写し取られています。
0911011.jpg


ちょっと長めの本編は、こちらで書いております。「こぶ~が今もふらふら」
https://ameblo.jp/ccobouex/entry-12523944627.html


映画に箱根が登場すると、必ずセットで出てくる、1962年開通の「芦ノ湖スカイライン」。
箱根小涌園を運営する、藤田観光が建設しました。
0912021.jpg

芦ノ湖スカイラインを疾走する、プリンス自動車(当時)の「スカイラインスポーツ・コンバーチブル」。
0911015.jpg

大卒初任給が2万円、国鉄初乗り運賃が20円の時代に、オールハンドメイドのこの車の価格は、何と195万円。現在なら2,000万円位でしょうか。
 
あまりの高価格に実売が60数台。そのため現存車は3,000万円以上の価値を持つようです。

ついこんな風に、ストーリーとは関係の無い風景ばかりを探してしまうのでした。


ちょっと長めの本編は、こちらで書いております。「こぶ~が今もふらふら」
https://ameblo.jp/ccobouex/entry-12523944627.html


テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

  1. 2019/09/18(水) 23:55:00|
  2. 新・ドラマのあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019年09月 新・韓国ドラマの… 「モクパン」って(ダイジェスト)


韓国のテレビ番組で最近見掛けるジャンルに、「モクパン」があります。

「モクパン (먹방)」とは、「モンヌン (먹는) [食べる]」と、「パンソン (방송) [放送]」を合わせた言い方で「食べる放送」の事。
ネットから始まりましたが、今ではテレビ放送に欠かせない要素となっているようです。

そうした流れに乗り、食べる事に焦点を当てたドラマは「モクパンドラマ」と呼ばれ、以前ネタにした、「ゴハン行こうよ 3 (식샤를 합시다 3) tvN 2018」などがあります。

今回お題にする、「甘辛オフィス (단짠 오피스) MBC Every1 2018」も、そんなモクパンドラマのひとつです。
0803_87720.jpg

本題に入る前に、ドラマのタイトルでへぇ~と思った事。
 
原題の「タンチャン・オフィス (단짠 오피스)」を、日本版では「甘辛オフィス」と訳しています。
 
「タンチャン(단짠)」は、「タルダ (달다) [甘い]」と、「チャダ (짜다) [しょっぱい]」を合わせた言い方で、「甘しょっぱい」の意味です。
 
「甘しょっぱいオフィス」では語呂が悪いから、「甘辛」としたと思っていたのですが…
 
実はこぶ~は関東出身なので、「辛い(からい)」は、「辛子(カラシ)」や「唐辛子(トウガラシ)」等の刺激-ヒリヒリ系が強い状態を指します。
 
塩味が強い状態を会話では「しょっぱい」、文章では「塩辛い(しおからい)」も使います。
なので「甘辛」と聞くと、スイートチリソースなど、「甘さとヒリヒリ系刺激」をイメージします。
ところがこれが通用するのは、静岡-長野-新潟から東のみ。
 
愛知-岐阜から西での「辛い(からい)」は、「塩辛い」、「刺激-ヒリヒリ系」の双方を意味し、地域により「酸っぱい」も含む事を知りませんでした。
 
ドラマのタイトル「タンチャン」の「甘辛」は、西日本の用法なら「甘く塩辛い」という元の意味と同じだと気付き、改めて感心したのです。
 
ちなみに、富山-石川-福井の北陸三県では、「塩辛い」を「くどい」、「刺激-ヒリヒリ系」を「南蛮辛い」、煙が目に染みると「目がからい」など、独特な表現があるようです。


とまあ、そんな「甘辛オフィス」に登場する料理の数々が気になります。

例えば「玉子豆腐」。表記も「タマゴドフ(타마고도후)」。
こちらも韓国語の豆腐「トゥブ(두부)」ではなく、「とうふ」の音写で「どふ(도후)」
0821002.jpg

などなど。

ちょっと長めの本編は、こちらで書いております。
https://ameblo.jp/ccobouex/entry-12510002822.html


ついでにおまけ。ヒロインのセリフで、へぇ~と感じた事。
この部分のセリフは、明確に「ロメンティク」と聞き取れました。
0821019.jpg

ところがモノローグでは、全く異なる言い方をしているようです。
0821017.jpg

これは本来異なる言い回しを、字幕の制約から、括った上で“ロマンチック”と意訳したと思っていました。
 
ところが音楽番組を流し見していると、歌詞の字幕に同じ“ロマンチック”が出て来たのです。
それを取っ掛かりに調べてみると、どうやらこちらの“ロマンチック”は「なんまんじょく」、漢字由来の「浪漫的」だと分かりました。
 
辞書にも、「ロメンティク (로맨틱)」と、「浪漫的 [なんまんじょく] (낭만적)」が、類義語として載っていました。これを区別するための “” 括りだったとは。
 
本来なら疑問が解けて嬉しい筈なのに、実は渋い気持ちが少し湧いてしまいます。
今の事態がエスカレートし過ぎ、仏語/英語由来の「ロメンティク」は良いが、漢字由来の「浪漫的(なんまんじょく)」は駄目とか言い出したら嫌だななんて、想像が漂ってしまったのです。

こうして素直さから遠ざかるのだなあと、妙な実感をしてしまうのです、

再び、ちょっと長めの本編は、こちらで書いております。
https://ameblo.jp/ccobouex/entry-12510002822.html


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2019/09/14(土) 00:03:00|
  2. 新・ドラマのあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

こぶ~

Author:こぶ~
2011年から旅行記等やドラマの細かなネタを細々と書いてきましたが、Yahooブログの終了に伴い、過去記事を含めこちらに引っ越してまいりました。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

検索フォーム

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

目次 (10)
北海道 (4)
東北 (6)
関東 (7)
中部・北陸 (9)
近畿 (7)
中国・四国 (9)
九州 (7)
沖縄 (4)
海外その他 (3)
2019年こぶ~の旅Part2 (2)
2019年こぶ~の旅 (11)
2018年こぶ~の旅 (41)
2017年こぶ~の旅 (61)
2016年こぶ~の旅 (68)
2015年こぶ~の旅 (128)
2014年こぶ~の旅 (97)
2013年こぶ~の旅 (123)
2012年こぶ~の旅 (132)
2012年北海道の旅 (20)
2011年旅行 (21)
2011年こぶ~の旅 (32)
近くにお出かけ (31)
こぶ~的日常 (50)
おいしい時間 (30)
なんちゃって料理 (14)
雑記帳みたいな (63)
新・ドラマのあれこれ (11)
ドラマのあれこれ (48)
外から (45)
その他 (5)
日記 (49)
日記Part2 (1)

最新記事

最新コメント

ようこそ

ブロとも一覧

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR